平成30年度前期「栄光のメダル(文化賞)」受賞

~山口県教育委員会より~

第18回全国高等学校ファッションデザイン選手権大会

第3位銅賞の受賞結果から11月末に文化賞受賞団体として審査決定し、

楯を授与しました。

平成30年12月1日(土)第一公演12:00~・第二公演15:30~審査発表・表彰式

生活デザイン科2年 小野楓織 優秀賞・特別賞 のダブル受賞

まさかのW受賞に小野さん自身、驚きと嬉しさでいっぱいの様子でした。

昼休みや放課後に指導を受けながら、こつこつと努力した甲斐がありました。

エントリーNO49「いたずらっ子ピノキオうみのだいぼうけん」

生活デザイン科2年生作品

11/18点灯式では

小さなお子様づれのご家族が潮吹きから顔をだした

写真を撮って、楽しんでいらっしゃいました。

若い方々も中にはいり、潮吹きから顔を出したりして

楽しんでいます。

くじらの中にはピノキオがいます。

ベンチで一緒に写真を撮ってみてはいかがでしょうか。

TOKIWAファンタジア2018 が開催されています。

点灯期間:11/18~1/6 17:30~21:30

場所:宇部市ときわ公園

クリスマスフェスタ:平成30年12月23日(日・祝)16:00~

生活デザイン科2年生が取り組みました。

タイトルは「いたずらっ子ピノキオのうみのだいぼうけん」です。

大きなくじらの中に入ることができます。

いかだに乗って脱出するピノキオや、くじらのなかに

飲み込まれたピノキオがいます。くじらの潮吹きから

顔を出すこともできます。

イルミネーションコンテストに参加しています。

投票は12/9までです。

エントリーNO 49 です。

投票よろしくお願いします。

 

 

 

生活デザイン科2年生27人がTOKIWAファンタジア2018の

イルミネーションコンテストにむけて作品を製作しています。

約2000本のペットボトルを集め、造形しました。

寒いときわ公園での設置作業です。

LEDライトを貼り付けていきます。

綺麗に光るように丁寧に設置していきます。

点灯式は11/18です。

10月12日(金)藤山小学校のバザーに出店しました。

生徒が作ったくるみぼたんの髪止めと

ガラスドームアクセサリーを販売しました。

たくさんのご購入ありがとうございました。

10月14日宇部市新川駅前で行われた、

まちなかWAKUWAKUフェスタに出店しました。

くるみぼたんの製作体験、ガラスドームアクセサリー製作体験、

オリジナル缶バッジ製作のワークショップでした。

たくさんのお客様と楽しく会話しながら、

小物づくりをして、とても素敵な秋の一日となりました。

 

(受賞)全国3位 銅メダル ~山口県初入賞~

生活デザイン科 3年 藤井優美・松本真衣 ペア

(1位 青森県立弘前実業高等学校 2位 青森県五所川原第一高等学校)

(審査員) 大塚陽子・原由美子・AKI・廣川玉枝

(開催場所)青森県弘前市 弘前市民会館大ホール

(最終審査会日)8月26日(日)

(応募数) 36都道府県130校 3136枚

(最終審査会出場者数) 35組 ファッションショー形式で審査

渦まく波(布)の間から、魚が正に飛び出してきそうな躍動感を表現。

オープニングでは大ホールのステージに各県35組が整列し、緊張の面持ちであった。

授賞式では、銅メダルを首に、クリスタルのトロフィーを手に、

喜びと、指導者河村先生への感謝を述べていた。

 

 

 

(審査員長)コシノジュンコ

(開催場所)栃木県宇都宮市

(最終審査会日)8月26日(日)

~製作部門~

(受賞)全国1位グランプリ(コシノジュンコ賞)

生活デザイン科2年末永さん

(最終審査会出場者数)18名 ファッションショー形式で審査

~モデル部門~

(受賞)全国2位準グランプリ

生活デザイン科2年堀江さん

前列左から2人目(コシノジュンコ先生)・3人目(製作部門グランプリを受賞した末永さん)

後方左から3人目(グランプリ作品を着用したモデル部門準グランプリの堀江さん)

報道陣に、夏休みに毎日製作に取り組んだことや、指導くださった河村先生への

感謝を述べていた。

本校生徒をモデルに衣装とヘアーの最終チェック

平成30年6月8日

特別講義「知的財産権」

講師は弁理士の木村正彦先生です。

生活デザイン科の生徒は毎年、知的財産について

しっかり学び、自分の作品作りに生かしています。

 

平成30年6月1日に3年生による1年生のための

「新入生歓迎会」が行われました。

生活デザイン科での3年間の学び方について

パワーポイントを使ってわかりやすく説明をしてくれました。

1年生はメモを取りながら、専門的な学びにむけて

意識を高くしたようです。

県内中学生を対象とした、コンテストを今年も開催します。

「アニメイラストコンテスト2018」

応募締め切り:9月3日(月)必着

「トートバッグデザインコンテスト2018」

応募締め切り(エントリー):6月29日(金)必着

作品提出締め切り:9月3日(月)必着

 

 

5月3日(木)「アクトビレッジおの」にて開催された

「八十八夜お茶まつり」に全国きものデザインコンテストで

特別賞を受賞したデザインを生地にして後輩が製作した茶娘衣装を展示しました。

「ゴールデンウィーク」と「新川まつり」に向け、

5月2日に生活デザイン科3年生が

井筒屋1階で前年度のコンテスト受賞作品衣装を展示しました。

5月2日~5月8日まで展示しています。

色彩検定1級に3名の生徒が合格しました。

生活デザイン科3年の山田さん、水本くん、勝山さんです。

県内にける高校生の1級合格者は3名のみです。

2月23日には報道機関の取材も受けました。

高校生による宇部市PR動画コンテストにて

生活デザイン科1年生全員が参加し、

グランプリにあたる「シビックプライドゴールド賞」と

会場投票1位の「ベストインプレッション賞」をW受賞しました。

3分間のPR動画を作成し、最終審査では10分間のプレゼンテーションを行いました。

動画のタイトルは「Choukoku Quest」で

宇部市の彫刻をオリジナルイラストでキャラクター化し、

ゲーム風に仕上げ、キャラクターをイメージした衣装も手作りしました。

最終審査では、司会進行を末永さんと佐竹くんが担当しました。

 

2月5日(月)

生活デザイン科3年生が3年間の学びの集大成として、

課題研究発表会を行いました。

生徒たちはコンピュータデザインコースと

ファッションデザインコースに分かれて、

作品制作に取り組んできました。

前半は、コンピュータデザインコースによる

漫画、商品パッケージデザイン、アニメーションなどの

発表を行いました。

後半は、ファッションデザインコースの生徒が

オリジナルデザインの衣装を自身がモデルとして

身につけ、ファッションショーを行いました。

舞台演出、音響、照明、動画編集、MC等は

コンピュータコースが担当し、

クラス全員で創り上げました。

美しい衣装やレベルの高い動画等の

デジタル作品に会場中が魅了されました。

最後の発表会を終えた3年生の安堵感と

自信に満ちた表情から、高校3年間での学びが

充実したものであったことが感じられました。

真剣に見入っていた下級生は、この伝統を必ず

受け継いでいくことでしょう。

 

「第18回全国高校生ファションデザインコンテスト」~神戸にて~

2年生の藤井優美さんが佳作を受賞しました。

(平成30年2月10日)

「第23回 手作りフェアin九州 」~ロックミシンファッションコンテスト

3年の越智さんがグッドデザイン賞を受賞しました。

(H30年 2月17日)

 

優秀賞受賞

生活デザイン科3年栗田さん

審査員特別賞受賞

生活デザイン科3年栗田さん

高校生優秀作品 受賞

生活デザイン科1年 末永さん

優秀賞 受賞

生活デザイン科1年 末永さん

優秀賞 受賞

生活デザイン科1年 末永さん

浅井淑子特別賞 受賞

生活デザイン科3年 栗田さん

~平成29年12月9日(土)山口市民会館にて~

生活デザイン科2年生が各賞を受賞しました。

右から

藤井(奨励賞)・河野(特別賞)・藤井瑠(優秀賞)さん

 

 

ANAクラウンプラザホテルにて生活デザイン科「コンテスト衣装作品展」を開催しています。

12月10日まで展示しておりますので、ぜひご覧ください。

 

徳山大学地域連携研究事業高校生ビジネスプランコンテストに

生活デザイン科1年生が多数入賞しました。

「優秀賞」1年藤谷さん

「奨励賞」1年田口さん・牟田さん

「地域貢献賞」1年小林さん

12月2日徳山大学で表彰式に4名が参加しました。

地域貢献賞は他に、

1年 末永さん・河村さん・小林さん・笹村さん

 管原さん・田村さん・ 久保田さん・中村さん・ 的場さん

 

 

 

 

 

 

10月13日(金)5時間目高大連携特別講義が行われました。

講師は、原井輝明先生です。

「五感を使って~触感を働かそう!」

 

視覚をなくして、触感だけで物体を描けるかの実験です。

まずは、マスクづくり。

マスクをつけ、視覚を失った状態で、ロープをたよりに、

BOXまでたどりつくのも一苦労です。

箱の中の物体を触感をたよりに確かめ、

画用紙にそのイメージを描いていきます。

さまざまな感覚を研ぎ澄まして物事を五感を使って観察することの

大切さを学びました。

9月15日 文化祭にて生活デザイン化3年生による

ファッションショーが発表されました。

平成29年8月27日(日)栃木県宇都宮市で行われた

第6回UBCDファッションデザインコンテスト2017

モデル部門において

生活デザイン科1年田原愛矢乃さんがグランプリを受賞しました。

審査委員長はファッションデザイナーのコシノジュンコ氏です。

モデルウォーキングやポージングの勉強と考え、応募し、

見事にグランプリを受賞しました。

今後の活躍に期待しています。

 

9月9日(土)防府市地域交流センターアスピラートにて

YICビューティモード専門学校主催

HairMakeLive2017に生活デザイン科1~3年生14名が参加しました。

「まちなかファッションアート」

中央銀天街にぎわい宇部にファッションアートの展示を

10月20日まで行っています。

県内外のコンペティションで受賞した作品も

展示しています。

第4回高校生「夢」デザインコンクール

ファッション部門「入選」

生活デザイン科1年

藤谷香奈さん

京都光華女子大学短期大学部ライフデザイン学科主催の

コンクールにて受賞しました。

 

月刊ヤングマガジン

第443回(3月期)月刊新人漫画賞「奨励賞」を

生活デザイン科の在校生が受賞しました。

アニメイラストを学び、作り上げた作品です。

今後の活躍を期待しています。

 

 

東洋きもの専門学校主催

第9回ゆかたデザインコンテストにおいて

生活デザイン科3年

栗田到奈さんの作品「かき氷」が

「佳作」入賞しました。

応募総数577点でした。

生活デザイン科では1~3年生74名が挑戦しました。

 

平成29年7月10日(月)5.6時間目「ライフデザイン」

生活デザイン科2年生ファッションデザインコースの生徒が

ゆかたの着付けを学びました。

帯は「文庫結び」(女子)「貝の口」(男子)に挑戦し、

自分一人でゆかたを着ることができるようになりました。

 

 

平成29年6月20日(火)3.4時間目

出前講義「ファションイラストレーションの表現方法」を

生活デザイン科1年生が受講しました。

講師は、香蘭女子短期大学ファッション総合学科教授 杉森孝先生です。

「幾何学形態」から人の体を考え、イラストに仕上げていくポイントを

教えていただきました。

 

ファッション雑誌を利用して、早速人体のイラストを描いていきます。

 

利き手ではない手でも描いてみました。

思わぬ発見もできた様子です。

 

すでにファッションデザイン画などを描き、コンテストに挑戦している

末永愛奈さんは「デザイン画の基本が学べ、とても勉強になりました。今後の

デザイン創作活動に生かしていきたいです。」と1年生を代表しお礼の言葉を述べました。

 

毎日描き続けることが上達するポイントだと話されました。

1年生の今後の創作活動に期待しています。

平成29年6月9日(金)5,6時間目

生活デザイン科特別講義「知的財産権」を受講しました。

講師は弁理士の木村正彦先生です。

これからの創作活動に生かしてほしいと思います。

 

6月2日(金)6時間目

「新入生歓迎会」が行われました。

3年生がパワーポイントや実演、展示品などの準備を

総合的な学習の時間で取り組み、

生活デザイン科で学ぶ専門分野の教科について紹介しました。

先輩たちのすばらしい発表を見て、1年生は

これからの学びに大きな期待と意欲を持った様子でした。

 

 

生活デザイン科は第一回「うべまちなかオレンジフェスタ」5/28(日)に参加しました。

ファッションデザインコースは銀天プラザステージにおいて、

レノファ山口応援コスチュームお披露目に際し、製作の意図や苦労した点等について

紹介しました。

コンピュータデザインコースは宇部中央銀天街において、

レノファ山口応援ポスターの展示及び、秀作の投票をしていただきました。

 

生活デザイン科主催トートバッグコンテスト2017・アニメイラストコンテスト2017開催について

中学生のみなさんのオリジナル作品を募集しています。

対象は山口県内の中学生です。

近隣の中学校には案内チラシを配付しております。

トートバッグは応募用紙にて6月30日(金)17:00までに

FAXで申込ください。申込みされた方にトートバッグを送付します。

学校を通してのご応募をお願いしています。

ふるってご応募ください。

詳細、問い合わせは「生活デザイン科コンテスト係」まで。

生活デザイン科ファッションデザインコース3年生が、

宇部井筒屋デパート4階に「平成28年度ファッションデザインコンテスト入賞作品」

を8着、展示しました。

本日(5/2)から5月8日(月)16:00までのゴールデンウイーク期間、

展示していますので、どうぞご覧ください。

宇部空港にレノファ応援コスチュームを展示しました。(4/11) 

 

【デザイン科3年 ファッションデザインコース5人班】

 

私たちはレノファ山口の応援コスチュームを、デザインし、

河村先生のご指導のもと製作しました。

衣装に込めた熱い応援メッセージが伝わるとうれしいです。

 

 

 

 

平成29年3月13日(月)1時間目

生活デザイン科1,2年生は本校生活デザイン科卒業生である

岡崎里美さんから「美術を進学・就職に生かす」というテーマで講話していただきました。

岡崎さんは本校を平成24年3月に卒業し、

女子美術大学アートデザイン表現学科アートプロデュース表現領域に進学、

卒業後は山口市にある山口芸術センターYCAMにご勤務されています。

進路をどうするか悩んでいたときの不安や、

進学先を決めたあとの意識改革、合格に向けての努力などの

話は、進学・就職を本気で考え始めた1,2年生にとっては

大変身になる内容でした。

 

人とのつながり、能動的に掴み取っていく行動力、情報収集の仕方など、

美大に進学して学んだこと、大切なことは、夢をつかむために

必要であると熱く語ってくれました。

 

本校生活デザイン科で学ぶ専門的な授業内容は、美大ではもちろんの

こと、専門学校などに進んでも、周囲より一歩抜きん出た知識と技術に

なっていることは、身を持って感じたと話されました。

1,2年生は、改めて専門性の高い学びをしていることに気づけたようです。

夢を実現し、活躍している先輩の姿は、将来を真剣に考えるきっかけとなりました。

 

 

生活デザイン科、保育実習へ!

 

 2月1日(水)、藤山保育園に、生活デザイン科が保育実習に行って来ました!

 生活デザイン科では、三年生になると「子ども文化」という教科を学びます。この授業では、育児の歴史を縄文時代までにさかのぼって学んだり、玩具や遊具、絵本などが子供の成長にとってどれだけ大切なのかを学びます。今回は一年間学んできた集大成として、手作りおもちゃを持って保育実習に行ってきました。

 

 

  おもちゃを持って、しゅっぱ~つ!!

 行く前は「子供が苦手」「何を話していいかわからない」「と不安がっていた生徒も、実習のあとの帰り道では、「子供が好きになった!」「すごくかわいかったし楽しかった!」「おもちゃをあんなに喜んでくれるなんて思わなかった。すごくうれしかった。」「歌を歌ってくれて感動した!」と、笑顔で話してくれました。

この経験を、将来ぜひ生かしてもらえたらと思います。

 

 

 

 

12月9日(金)に山口県社会教育・文化財課の加納豊彦氏を講師としてお招きし、生活デザイン科2年生を対象に「AFPY」を実施しました。

AFPYとは、Adventure Friendship Program in Yamaguchiの略称です。

個人の成長を図り、豊かな人間関係を築くための体験活動で、山口県独自の体験学習法として県内各地で実施されています。

今回は、じゃんけんゲームや絵カードを使ったアクティビティを通して、お互いを知り、クラスの仲が更に深まったように思います。

みんな生き生きと充実した時間を過ごすことができました。

 

  

   

 

デニム・ファッションデザインコンテストin山口2016

が平成28年12月11日(日)山口井筒屋エントランスにて

行われました。

全28作品の中から、本校生徒の作品が「大賞」に輝きました。

生活デザイン科2年 山田莉愛(やまだまりあ)さんの作品「枯れる大地」

テーマである「ZERO WASTE」は、工場や地域社会での廃棄物の発生や

資源の浪費をゼロに近づける運動を指します。

山田さんの作品は、廃棄される藁を再利用し、デニムのドレスにあしらいました。

ショーでは衣装にライトが当たり、藁が金色に輝き放ち、その光景は幻想的でした。

大賞の表彰を受ける山田さんです。

審査員からの講評

「捨てられていく藁が、黄金に輝き放つ姿は

感動的であった。まさにテーマのとおり、廃棄物がドレスとなり、

黄金に変わるすばらしさを見事に表現できていた。また、

目を引くデザイン性と丁寧な作りこみはすばらしかった。」

山田さんは

「素敵なドレスがたくさんあり、とても刺激を受けた一日だった。

指導をしてくださった先生方や、協力してくれた周囲の人のおかげで

獲れた賞だと思う。」と感想を述べました。

本校からは山田さんを含め4名本選出場しました。

生活デザイン科3年 藤田莉緒さんの作品「Magazineリサイクル」

生活デザイン科2年 栗田到奈さんの作品「消滅」

生活デザイン科2年 越智桃菜さんの作品「荒廃」

本選出場した4名の生徒は、ファッションデザインコースに所属しており、授業や放課後、

家庭に持ち帰りもしながら、作品制作を行いました。

生活デザイン科では毎年このコンテストに本選出場しています。

これからも生活デザイン科の生徒の活躍にご期待ください。

 

 

 

 

第13回田山敦朗賞高校生ファッション画コンテストin九州・沖縄

 

生活デザイン科2年

栗田到奈さんの作品が「学校奨励賞」を

受賞しました。

栗田さんは1年のときも受賞しており、

2年連続の受賞です。

平成28年10月15日(土)熊本市現代美術館にて

表彰式に臨みました。

 

宇部市の特産品である小野茶のパッケージデザインを本校生活デザイン科生徒

(コンピューターデザインコース)が取り組み、山口茶業社内コンペティションの結果、

3名の作品が金賞、銀賞、銅賞に選ばれました。

 

写真右より金賞=笹部直樹、株式会社山口茶業 堀野民夫代表取締役社長

銀賞=秦二子、銅賞=河村朱莉

 

 

平成28年度全国高等学校総合体育大会が夏、中国総体として

開催されました。

生活デザイン科の各学年代表生徒が作製した歓迎・応援のぼり旗が

バレーボール会場(宇部市俵田記念体育館・ソルトアリーナ防府)で

飾られました。

担当した、各県の特色を生かした旗に仕上げました。

生活デザイン科は地域のみなさまと連携しながら

さまざまな「ものづくり」にチャレンジし続けています。

平成28年8月6日、22日にオープンキャンパスが行われました。

生活デザイン科では、科の説明、ファッションショー、DVD上映、作品展示、

体験コーナーとして、イラスト指導、名刺づくり、くるみボタンづくりを行いました。

 

科の説明で使用したパワーポイントは生活デザイン科3年生が作成しました。

ファッションデザインコース3年生によるファッションショー

コンピュータを使ってオリジナル名刺づくりに挑戦。

好みの布を使って簡単くるみボタンづくり。

11月5日(土)は体験授業が行われます。

中学生のみなさんのお越しをお待ちしております。

第5回UBDCファッションデザインコンテスト2016にて

本校から3名が栃木県宇都宮市で行われた本選に出場しました。

応募総数533名の中から、

全国1位である「コシノジュンコ賞」(グランプリ)、

2位である、「アート&スポーツ理事長賞」(準グランプリ)を

受賞しました。

「コシノジュンコ賞」(グランプリ)受賞作品

生活デザイン科2年越智桃菜さん

世界的ファッションデザイナーであるコシノジュンコ先生と。

「アート&スポーツ理事長賞」(準グランプリ)受賞

生活デザイン科2年栗田到奈さん

準グランプリ受賞の栗田さんの作品

本選出場した生活デザイン科3年藤田莉緒さんの作品

夏休みも、毎日登校し、個別指導を受けながら衣装づくりを行いました。

生活デザイン科で学ぶ生徒たちは、授業で学んだ知識や技術を生かしながら、

さまざまなコンテストに挑戦しています。

ものづくりが学べる生活デザイン科の

今後の活躍もぜひ注目してください。

 

第20回全国きものデザインコンクールにて「金賞」を受賞しました。

 

「金賞」受賞作品

生活デザイン科2年 山田莉愛さん

 

「入賞」作品(4名)

生活デザイン科3年金子瑞希さん

生活デザイン科3年鈴木芽衣さん

生活デザイン科2年藤本渓太さん

生活デザイン科1年藤井優美さん

 

生活デザイン科では1~3年の生徒全員が

毎年コンテストに作品を応募しています。

受賞作品および応募作品はオープンキャンパスや体験授業、

文化祭などでも展示します。

個性あふれる生徒たちの作品をぜひ一度ご覧ください。

 

 

 

 

生活デザイン科主催

「アニメ・イラストコンテスト2016」

「トートバッグデザインコンテスト2016」

作品応募締め切り 平成28年9月5日(月)必着

※県内近隣中学校様にはすでにご案内しておりますので、

美術科・家庭科の先生に詳細はご確認ください。

トートバッグデザインコンテストは

48名の申し込みがありました。

ありがとうございました。

アニメイラストコンテストは募集中です。

県内中学生の皆さんの参加を

お待ちしております。

6月6日(月)1,2時間目の授業にて

浴衣の着付けを学びました。

生活デザイン科2年生ファッションデザインコースの生徒が

ライフデザインの授業で、浴衣の着付けをしました。

 

半幅帯を用いて、基本の「文庫結び」を学びました。

自分なりに長さを調節し、好みのリボンの形ができました。

ファッションデザインコースでは、衣服や小物の作成だけではなく、

着こなしや、マナーなどもしっかり学習できます。

この夏は、自分で浴衣を着て、出かけましょう。

平成28年度生活デザイン科

新入生歓迎会が6月3日(金)6時間目に行われました。

生活デザイン科で3年間に学ぶ専門的な科目について、

3年生が1,2年生に向けて、説明しました。

新入生歓迎会は、3年生の総合学習の時間に、、企画、進行、

パワーポイントの作成などを自分たちですべて考えて仕上げます。

コンピューターデザインで学ぶ科目の魅力について説明しています。

ファッションデザインコースで学ぶ科目「ファション造形」での

ピンワークを実演しています。

「アニメイラスト」の授業では、指導後における技術の向上が

一目瞭然です。

3年生のわかりやすく、丁寧な説明で、新入生は、これから学ぶ

それぞれの科目に、興味をもった様子です。

今後も、楽しく、魅力的な授業風景をホームページにて

案内していきます。

第1回全国高校生ウエディングデザイン画コンクールにて、

生活デザイン科3年藤田莉緒さんの作品「しあわせ」

が、優秀作品の展示として、披露されます。

7/16(土)神戸ファッション専門学校KFI MOVE

8/24(水)~9/14(水)神戸ファション美術館4Fギャラリー

 

藤田莉緒さんの作品「しあわせ」

ファッションデザインコースで活躍している

藤田さんの作品をぜひご覧ください。

生活デザイン科ではさまざまなコンテストへ

積極的に応募しています。

 

 

平成28年5月25日(水)3時間目

生活デザイン科1~3年生が

先輩の話しに耳を傾けました。

平成26年度生活デザイン科卒業生 杉明日可さん

杉さんは現在、福岡にある大村美容専門学校のファッションクリエイター科2年生です。

在学中も色彩検定1級、被服製作検定(洋・和)1級取得や、各種ファションコンテストで

入賞、ダンス部でも部長として活躍していました。

高校時代に学んだファッションの知識、技術、パソコンを使う技術は専門学校でも

大変役に立っているとのことでした。

将来はオリジナルブランド立ち上げを考えて勉強中の杉さんは、

在校生に向けて、「常に感性を磨くことを意識してほしい」

「コミュニケーション能力を持つことが大切」と強く語ってくれました。

先輩の声は、在校生の胸に響いた様子です。

昼休みも、後輩の質問に笑顔で対応してくれた杉さんです。

生活デザイン科では先輩、後輩の「つながり」も大切にしています。

 

 

宇部井筒屋にて

「宇部フロンティア大学付属香川高等学校生活デザイン科

コンテスト入賞作品展」が開催されています。

2階エスカレーター横の展示スペースにて。

4月27日(水)~5月9日(月)まで

卒業生、在校生の作品を、ぜひごらんください。

 展示ディスプレイもファッションデザインコースの

2,3年生で行いました。

店舗ディスプレイの勉強ができました。

また、地元新聞社様の取材も行われました。

生活デザイン科では地域連携の取り組みも

積極的に行っています。

 

平成28年4月8日 入学式があり、生活デザイン科にも

新1年生が入学しました。

生活デザイン科で学ぶ2年生男子が

新入生のために、黒板にお祝いの気持ちをアートにして

迎えてくれました。

 

 

(「美しいキモノ」表紙画像は婦人画報より引用)

平成28年2月20日発売の「美しいキモノ」(婦人画報)に

第19回全国きものデザインコンクール優秀作品として、

ジュニア高校生の部特賞「美しいキモノ賞」受賞

生活デザイン科3年髙橋結衣さん

ジュニア高校生の部「金賞」受賞

生活デザイン科3年原口莉沙さんの

名前が掲載されています。

 (画像は編集しています)

来年度も生活デザイン科では

生徒全員参加する予定です。

 

色彩検定協会主催色彩検定1級に合格しました。

生活デザイン科3年の高橋さんが、昨年12月に行われた2次試験に合格し、色彩検定1級合格者となりました。本校では、昨年に続き二人目です。

検定協会によると、全国での高校生の1級合格者は20名。山口県の1級全合格者は4名で、高校生は高橋さん1名です。

2年生1年生も後に続けと、勉強会を開始しています。

 色彩検定1級合格証書を持つ高橋さん

 

生活デザイン科3年生による「課題研究発表会」を2月2日に行いました。

内容は、コンピュータデザインコースの生徒によるロゴやポスター、イラストなど課題制作物のプレゼンテーションとファッションデザインコースの生徒によるファッションショーでした。

両コースとも、3年間で学んだ技術と知識を結集した作品でした。

ファッション画像01

ファッション画像02

ファッション画像03ファッション画像04

ファッション画像05

ファッション画像06

ロゴ_パッケージデザイン

キャラクターデザイン

 

 

生活デザイン科3年ファッションデザインコース

卒業間近の特別編成授業で教科担当教師から

浴衣の着付けと文庫結びを学び、

日本の衣服文化に触れました。

 

男子は角帯で貝の口を結びました。

今年の花火大会はひとりで着れるかな・・

名古屋帯も学びました。

 

2月1日5・6時間目に理容師の方を講師にお招きし、

理容業の仕事の内容の講義と実技指導の授業が行われました。

生活デザイン科2年生ファッションコースの生徒が受講しました。

講師は、宇部でhair's MARUYAMAを経営されていらっしゃいます、

丸山宏二先生です。

丸山先生は山口県理容組合の講師であり、また、

山口県理容大会では優勝が2回、全国大会にも出場されるなど

活躍されていらっしゃいます。

ヘアマネキンを使い、頭の形やヘアスタイルの作り方、

小顔に見せる方法などを実演されました。

カットの練習です。

実技では実際にお店で使うプロのはさみを使って、

カットに挑戦しました。

髪を切る角度によって、流れや雰囲気が変わることなどが

わかりました。

思い通りのスタイルになっているでしょうか。

校内ファッションショーを行う際は、自分たちでヘアアレンジもします。

衣装にあった雰囲気のヘアアレンジを、自分が思ったとおりにできることは、

ファッションコースで学ぶ2年生には必要な技術となります。

生活デザイン科ではプロの講師をお招きして、

最新の技術を学んでいます。

 

 

 

 

 

 

生活デザイン科、保育実習へ!

 

 生活デザイン科は三年生になると「子ども文化」という教科を学びます。これは育児の歴史を縄文時代までさかのぼって学んだり、玩具や遊具、絵本などが子供の成長にとってどれだけ大切なものかを学ぶ教科です。今回はその集大成として、手作りおもちゃをもって、藤山保育園に実習に行ってきました! 

 行く前は「子供が苦手」「怖い」「何を話していいかわからない」と不安がっていた生徒も、実習のあとの帰り道では「時間が短く感じた。」「子供が好きになった!」「おもちゃをあんなに喜んでくれるなんて思わなかった。すごくうれしかった。」「また行きたい!」と笑顔で話してくれました。

 この経験を、将来ぜひ生かしてもらいたいと思います。

 

 

山口宇部空港の宇部市PRコーナーのリニューアル作業をしました。

12月24日(木)放課後に生活デザイン科生徒作品をポスターにして展示し、保育科生徒作品をクリスマスの飾りつけとして展示しました。

生活デザイン科生徒作品は、全国着物デザインコンクールで受賞した作品と授業で制作した架空ブランドのロゴやショップカード、パッケージデザインの作品です。着物デザインで「美しい着物賞」受賞作品は、ポスターだけでなく布に印刷し、着物にして展示しました。

 宇部日報新聞の掲載記事

 展示したポスターの一部

 宇部PRコーナーの全景

 

 

 

 

2015年12月12日(土)

デニム・ファッションデザインコンテストin山口2015

テーマ「森羅万象」

生活デザイン科3年髙橋結衣さんの

作品名「シンメトリー」が「優秀賞」を受賞しました。

髙橋さんは1年で「優秀賞」、2年で「奨励賞」、

3年で「優秀賞」と3年連続で受賞しています。

 

 

 

生活デザイン科2年藤田莉緒さんの

作品名「海のプリンセス」は「奨励賞」を受賞しました。

ライフデザインの授業で学んだかぎ針編みを施したドレスです。

 

生活デザイン科1年越智桃菜さんの

作品名「あらゆる自然」

植物と雨上がりの虹をイメージしたドレスです。

 

 

 

 

 

 

 

生活デザイン科の3年生2人が、YIC主催「第1回マンガ・イラスト大賞」において、大賞と優秀賞を受賞しました。

YICキャリアデザイン専門学校主催の平成27年度「第1回マンガ・イラスト大賞」に応募した生活デザイン科3年生2人が、マンガ・イラスト大賞(松田さん)とマンガ部門優秀賞(原口さん)を受賞し、11月14日(土)に行われた表彰式に出席しました。

画像は、その表彰式の様子と、二人の作品の一部です。

大賞の表彰を受ける松田さん

 大賞の松田さんのイラストとマンガの作品マンガ部門奨励賞の原口さんのマンガ作品

 

2015年度冬期色彩検定が本校を試験会場校として実施されました。

色彩検定協会(AFT)主催「2015年度冬期 文部科学省後援 色彩検定」が、11月8日(日)本校デザイン実習室にて実施されました。今回は、1級1次試験に8名(生活デザイン科3年生4名と同科今年3月卒業生4名)が挑戦しました。昨年度は同科の3年生1名が1級合格となりました。読売新聞によると、高校生の年齢での1級合格は、全国で19名、山口県では本校の1名でした。1次試験終了後も2次試験(12/13 福岡市)に向けて受験対策講座を行い、1級合格を目指します。

 

 2014年度色彩検定1級合格の新聞記事

 

第12回田山敦朗賞ファッション画コンテストin九州・沖縄2015

にて、特別賞である「KTT賞」を

生活デザイン科1年 栗田到奈さんが受賞しました。

10月17日(土〉熊本市現代美術館にて授賞式に参加し、

ファッションデザイナー田山敦朗氏より表彰状を受け取りました。

 

特別賞「KTT賞」受賞 生活デザイン科1年 栗田到奈さん作品

 

熊本市現代美術館にて表彰式会場での様子

 

「優秀賞」受賞 生活デザイン科3年 原口莉沙さん 作品

 

 

麻生ビジネス専門学校北九州校主催

北九州高校生イラストコンテストにおいて

生活デザイン科3年 原口莉沙さんが

「協賛賞」を受賞しました。

 

生活デザイン科3年 原口莉沙さんの受賞作品

 

 

 

 

生活デザイン科ファッションデザインコースでは、

コスプレ衣装も製作できます。

コスプレと漫画・アニメ・ゲームなどのキャラクターに

扮装することです。

あなたのお気に入りの衣装を作って、

ファッションショーで披露しませんか。

(写真は平成27年度文化祭ファッションショーのものです。)

第19回全国きものデザインコンテスト

特別賞(美しいきもの賞)受賞

金賞 受賞

京都に授賞式に臨む予定(11/14)

オープンキャンパスⅡ

ファッションショーを行いました。

会場が中学生であふれました。

 

読売新聞でも取り上げられた

色彩検定・被服検定(洋服)・被服検定(和服)の

3種目1級取得者(前年度卒業生)に体験談を

語ってもらいました。